給付制限を受けないカテゴリの記事一覧

5・給付制限を受けない「オフサイド トラップ」

5・給付制限を受けない「オフサイド トラップ」

自己都合の退社でもハローワークで「正当な理由」と認められた場合は
「給付制限」を受けずに済むケースがあります。

1・仕事がかなりハードで慢性的な病気にかかってしまい、その仕事がつづけら
れなくなった。

2・親が病気になり看病を余儀なくされ、その仕事が続けられなくなった。

3・最近家を買ったばかりなのに辞めろと言わんばかりに遠方に転勤を
命じられた。

4・給料の支払いが遅れる

5・入社条件とかなり違っていた。

要するに誰が見ても「そりゃあ、会社を辞めるのも当然だよ」というような
特別の理由がある場合に「正当な理由」とみなされ、
すぐ失業給付が受けられます。
じゃ誰が判断するか?
ハローワークの係官が判断します。
場合によっては内容調査をし「正当な理由」か、どうか判断します。

というのも、最近ではリストラのターゲットに露骨に嫌がらせをやると
問題が生じてきますので巧妙に仕掛けてきます。
辞めてもらいたい人に自主退職するように仕掛けてきます。
リストラではなくパワーハラスメントやセクハラが多くなってきています。
その為には在職中からキッチリ証拠を残し、
係官に証明できるようにしておきます。
録音等でなくてもいいのです。
日記に克明につけて下さい。
いつどこでどんな事をされ、自分が精神的ダメージを受けたか
主観的な印象をまじえ詳しく記録する。

精神的ダメージあれば医療機関で診察を受けておけばベスト!
会社に帰すべき責任があれば治療期間給料を
払い続けなければいけなくなります。
(この場合辞める前におこなって下さい)
もし、裁判沙汰になった場合、
たんまり会社からふんだくる事が可能です。
「お前なんか首だ!」これを会社に言わせるようにトラップをかけます。
なぜ?
「クビ」って会社が言った時点で「自己都合」でなくなってしまいます。
おまけに一方的にクビにするわけですから30 日分の解雇予告手当が貰えます。
このように係官がイエローカードを出してくれるようパフォーマンスも重要な
事ですね。
(行き過ぎたパフォーマンスは逆にイエローカードを出されかねませんから
要注意です)
辞める前3 ヶ月連続50 時間以上の残業をやれ!
残業がきつく辞めました(特例処置申請で「給付制限」を受けずに済むケース
があります。)
国の方針としてその位の残業があれば1 人でも雇用しなさいという事です。
総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。